はじめに Introduction


東南アジアの貧国ラオスの子どもたちに学用品を贈る事と日本の子どもたちに物の大切さを伝える事を目的にはじめたプロジェクトです。
「プロジェクト」と言うと大組織のようですが、ひとりでのんびりと進めています。

The purpose of this project is to send stationary to children in Laos, one of Southeast Asia's least developed countries and also create an awareness in Japanese children of the value of their possessions.
You might typically associate the word 'project' with a big organization, but this is my own personal project conducted at my own pace.
Click ENGLISH now!

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03.21
Tue
ありがとうございました!

今年もたくさんの思い出と、鉛筆・消しゴムと共にCocoLao2017を終えることが出来ました。






今年はラオスビールを販売。


昨年お買い上げのコースターが変身。大切に使ってもらえて嬉しい❤︎


これはほんの、ほんの一部、
ダンボール3箱分の学用品をいただきました。

昨年のイベントは、「楽しみ」から「責任」へと自分の気持ちが変化した年でした。
今年は、実は、「不安」からのスタートでした。

プロジェクト発足以来毎年ラオスへ訪問し、刺激を受けてイベントの準備に取り掛かっていましたが、今年は事情により日本から離れることがなかったからです。

新しい情報と刺激の少ない状態でスタートしたCocoLao2017でしたが、鉛筆と消しゴムを片手(両手)に会場にお越しいただいた方々や、教科書オーナーのお申し込みをされた方々、ラオス商品をお買い上げいただいた方々とお話をしながら、次回訪問の決意と楽しみを心に刻むことができました。

昨年のイベントから1年間、鉛筆を保管したり集めたりしていただいた方、
ご家族の代表や代わりにお越しいただいた方、
お知り合いを誘ってお越しいただいた方、等々
ありがとうございました❤︎

鉛筆・消しゴム以外の物もせっかく持って来ていただいたのに、お断りさせていただいた方々、私の事前案内不足により、重い荷物をお持ち帰りいただきまして申し訳ありませんでした。

初めましての皆様、今後もよろしくお願いします。

今日からまた来年に向けてスタートです。
「責任・不安」を越えて「楽しみ」に戻れることを願いながら、CocoLao projectを前に進めて行きたいと思います。
これからも応援よろしくお願いします❤︎



Coco
スポンサーサイト
01.15
Sun
終了いたしました。
ご来店ありがとうございました。



ラオス手工芸品ショップ「CocoLao 2017」

【日時】
  2017年3月19(日)・20(月祝)
     10:00~18:00

【場所】
    映画館「サロンシネマ」内 ロビーにて
         広島市中区八丁堀16-10広島東映プラザビル8階 (東急ハンズ8階)
   ★ショップへの入場は無料です。

【内容】
        ・ラオス手工芸品・ラオスコーヒー豆・ラオスビール等の販売
        ・文具寄附募集
        ・教科書オーナー募集
         ・活動の写真パネル掲示

毎年たくさんの方々に楽しみにして頂いているこのチャリティイベントが今年も開催出来ることになりました。
皆さんから寄付して頂いた文具や教科書オーナーさんからの寄付を元に購入した現地の教科書などをラオスの小学校に届ける「橋」となる、年に一度のイベントです。
会場では、私Cocoが現地に行って選んだ手工芸品などを販売します。
手の込んだ刺繍小物、手織りスカーフ、現地のフェアトレード店の商品など様々です。私が作り手またはお店で話をしながら直接選んだ特別なもの。
また、個人的にもお気に入りのラオスビール、ほろ苦くコクのある、ホットでもアイスでも美味しいラオスコーヒー(粉)の販売もあります。









★ショップでのお買い上げの商品の全収益は、物資輸送などラオスの子ども達への支援に利用させていただきます。


<ごあんない>
★「教科書オーナー募集!」
日本では教科書を1人一冊持つのが当たり前。
しかし、私が訪れたラオスの学校では5人や10人に一冊、全く教科書のない学校もありました。
そんな学校に寄附する教科書のオーナーになりませんか?
  1口 500円。 会場で受け付けています。
  詳しくは、ブログ(教科書オーナー募集!)をご覧ください。

★ご家庭で眠っている文具を寄附してください。(会場に回収ボックスを設置します。)
 今回は鉛筆・色鉛筆・けしごむ・鉛筆削り(卓上型・手動)を回収させていただきます。
鉛筆 :たくさん書いて、たくさん勉強してもらいたいな。新品でも使いかけでも構いません。
色鉛筆 :クレヨン・クーピーは回収いたしません。(油で汚れた手を洗う石鹸がない家庭もあるため)
消しゴム:消えやすい消しゴムをお持ちいただけるとありがたいです。おもちゃ消しゴムなどは消えにくく、日本のノートほど品質が良くないので適さないと思うので。
鉛筆削り(卓上型・手動) :これがあれば、家のナイフで削るのを待つ必要なし!
電動は電気が通っていない学校がほとんどなので回収いたしません。

地での活動の様子は、ブログ(カテゴリー → CocoLao支援)をご覧ください。


★イベントのチラシをお店などに置いていただける方がいらっしゃいましたらご一報ください。
    cocolaoproject@gmail.com


今年も皆さんにお会いできるのを楽しみにしています❤︎
私、Cocoを見かけられましたら、ぜひ声をおかけくださいね(^_-)



Coco
11.21
Mon
久しぶりにラオスで撮った写真を見てみた。
前回の訪問は2015年8月。
なのに既に懐かしい。
CocoLao projectを始めて以来1年に1度は訪問していたけれど、次回の訪問は未定。
2017年度中には予定を立てるつもりです。
支援を必要としている子供たちがいるから。



ラオスと関わって4年半、HouyLean村へは3度訪問し、2度村に泊まらせてもらいました。
村の人たちにとって初めて会う外国人の私を温かく迎えてくれ、子供たちとは田んぼでサッカー(の見物)をしたり、山に山菜を取りに行ったり、「ぞうさん♪」を歌ったり、ラジオ体操をしたり、思い出がいっぱい。
写真を見ているとその当時の思い出が蘇ってきて目頭が熱くなります。
あれから2年、この子たちは今どうしているんだろう。
村から離れ、寄宿舎生活をするには経済的には難しく、実家に戻って家の手伝いをしたり結婚したりする子供たちが(特に女の子が多い)と聞いています。

どうか、みんなが幸せでありますように。

あの子たちに会いたい、「Cocoがまた来てくれた!」と喜んでもらいたいと思うけれど、他にも学用品を必要としている学校は無数にある。

葛藤・・・


今年は渡航を見合わせた代わりに、学用品と古着を送りました。現地のの知り合いが私がこれまで行ったことのない村へ届けてくれることになっています。
船便でダンボール3箱が2、3カ月かかる予定でいましたが、驚く早さで何と!1カ月で届いたそうです。

古着も送ったので、寒い冬に間に合ってよかった❤︎

寄贈の報告が入りましたら皆さんへもお知らせしますね。

また、ラオス手工芸品販売イベント「CocoLao 2017」の開催が3月に決定いたしました。
詳細は後日お知らせいたします。
皆様とお会いできるのを楽しみにしています!

Coco
10.26
Wed
荷物の中はもちろん学用品。




2012年にこのプロジェクトを始め、毎年ラオスを訪れていましたが、今年は時間を取ることが難しく断念。
私の代わりに、現地の知り合いに村へ学用品を持って行ってもらうことに。

弾丸旅をすることは可能ですが、それでは中途半端な訪問になってしまいそう。
それより何よりも、CocoLao projectのモットーは「無理をせず、自分のできることを自分のスピードで。」
余裕がないのに無理をしては負担になってしまう。そうなってしまうと、きっとCocoLaoは長続きしないでしょう。

ラオス行きは来年の楽しみに取っておこう❤︎

教科書オーナーさん方からお預かりしています寄付は、次回の訪問で私が直接持参いたしますね。

寒い山間部の冬を乗り切ってもらうために、衣類も詰めました。

小包3箱、約40キロの荷物が、今は港で船に乗る順番待ちをしていることでしょう。



【寄付した学用品の内訳】
えんぴつ (新) 9kg
えんぴつ (長) 2.8kg
えんぴつ (短) 1.2kg
色えんぴつ 2.2kg
消しゴム 2.8kg
卓上鉛筆削り 2

衣類 約22kg



今回はどこの小学校に届くのかな。

もうしばらく後になりますが、また経過報告をいたしますね。

これから来年のイベント、CocoLao1017 に向けて動き出す予定です。
日時と場所は未定ですが、例年通り3月にできるといいなと思っています。
こちらも後日報告いたしますので、鉛筆と消しゴムを取っておいてくださいね。


Coco

05.25
Wed
3月のイベント以降、大きな変化もないまま月日が経っています。

今年は5月の広島フラワーフェスティバル参加は、都合により見合わせました。
楽しみにしていただいた方、申し訳ありませんでした。

「自分の出来ることを、自分のペースで」を現在実行中です。
今は無理をして頑張り過ぎるとバランスが悪くなってしまうので、しばらく休憩です。


嬉しい事と残念な事を1つずつ。

4年目を迎えたCocoLaoは、たくさんの方々に可愛がられ、学用品の寄附がイベント以外でも集まっています❤︎
知り合いの知り合いが、周りに声をかけ、私のところに届けられます。何人もの人が間に入り、点が線になって繋がり、私のところにやってきます。
小さな協力が、大きな力になっています!


ラオスの村への教科書・学用品寄附で協力してもらっている、ルアンパバン図書館司書のチャンタさんが癌で闘病中。
彼女と図書館スタッフには2014年の訪問から2度村へ同行してもらいました。
図書館と聞くと、私たちには本を借りたり読んだりする所ですが、ここではそれだけではなく、NGOやボランティア団体と協力し合いながら、子供たちの学習や成長をサポートしています。
これまで子供たちを支えてくれていた彼女を、今度は私たちが支える番です。
ラオスは医療体制が不十分なため、治療はタイのチェンマイへ行っています。
クラウドファンディングで多少の資金は集まったものの、チャンタさんの元気になった笑顔を見ることができるのはもう少し先になりそう。


この笑顔に再び会えるのを楽しみにしています。

Coco


04.15
Fri
先日、高松からCocoLao projectの拠点であるここ広島に荷物が届きました。


私の友人が住む高松で、英会話教室「ケビンズ・イングリッシュハウス」を運営されているご夫妻が、生徒さん方に学用品の寄附を呼び掛けてくださいました。

「使いかけでも良い」というのが、寄贈をお願いするにあたって皆さん驚かれたそうです。
新しい鉛筆を1本握りしめて持って来てくれる子や、使いかけの鉛筆をまとめて袋に入れて持って来てくれる子など様々だったようです。

皆さんご支援ありがとうございました!





CocoLao projectを始めて4年、少しづつではありますが、温かな支援の根が広がってきています。
大きな、大きな、心の支えになっています❤︎

Coco

03.22
Tue

5回目となるラオス手工芸品ショップ(3月19.20.21日)は、今年も私に前進する勇気と機会を与えてくれました。

ご来店していただいた皆さま、時間が取れなかったけれど遠いどこかで応援してくださった皆さま、いつも隣で支えてくれている仲間たち、
ありがとうございました❤︎



お好みの品物は見つかりましたか?
大切にしていた鉛筆の行き先が決まり、安心しておられますか?
ものを大切にする事に関心を持つきっかけにはなりましたか?
ラオスに興味は湧きましたか?

3日間のイベントを無事終了し、今日は抜け殻となっていましたが、明日からは次の任務であるラオス訪問に気持ちを入れ替えたいですね。
とはいえ、まだ次回訪問の時期は決まっていません。これから日常生活の中に隙間を見つけ、鉛筆と消しゴムを背負って出掛けようと思います!

CocoLao projectを始めて4年が経ちました。
1年目、何もわからないまま出来る事とやりたい事をやっていた。
2年目、一般の方々に活動を知っていただくことなり、ただただ緊張。
3年目、続けて良かった思うようになった。
4年目、4年前に植えた木に根が張ってきたのを感じた。

4年経った今でも変わらないのは、「自分ができることを無理せず楽しみながら。」の思いです。

もちろん今年も、楽しかったな!


今回は鉛筆や消しゴムを持ってきていただいた多くの方々から、「よろしくお願いします。」と言いながら手渡された事がとても印象的でした。
この言葉は次の活動への原動力になります。
何百人もの方々からお預かりした大切な学用品及び教科書オーナーラベルは責任持って届けさせていただきますね。


応援していただき、ありがとうございました。
来年またお会いしましょう❤︎

Coco


back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。